二次会は全員参加で盛り上がろう

リラックスした雰囲気で、みんなが楽しめる二次会にするコツは、全員参加型のプログラムを増やすことです。
新郎側のゲストと新婦側のゲストは初対面であることが多いので、誰もが気軽に参加できる出し物を用意しておきましょう。

例えば、借り人競争ゲームはいかがですか?
借り人競争に参加する人がお題にふさわしい人を探すので、だれでも無理なく参加できます。
まず、ゲームに参加する人を決めます。
5人くらいがいいですね。

異なる借り人を書いたカードを伏せてテーブルにおいておき、司会者のスタートの合図があったら、参加者はカードを1枚選んで、そこに書かれてある内容にピッタリの人を、制限時間内にゲストから探します。

お題はメガネ王子、一番酔っ払っている人、ロングヘアーの美女、一番体が柔らかそうな人、今月お誕生日の人など。
少々の悪ノリをしても大丈夫というくだけた雰囲気のパーティーなら、この中で一番エッチだと思う男性など、少々きわどいお題を出すのも盛り上がります。
お題として選ばれた人には、参加賞としてクッキーなど、ちょっとしたプレゼントを渡すのもいいですね。

実際にゲームをする人は数人でも、誰が選ばれるのかみんながワクワクドキドキして参加できるので、おすすめですよ。

しりとりスピーチ

5人~10人くらいで行う、しりとり形式のスピーチです。
まず1番目の人がスピーチをし、1分たったら司会者がホイッスルを吹いたら終了の合図をします。
司会者はスピーチの最後の文字を告げて、次の人にマイクを渡し、その文字からスピーチを初めてもらいます。
これを繰り返していき、最後の人には、うまくスピーチをまとめてもらうのです。

ホイッスルを吹いて終了の合図をする役目を、新郎新婦に任せるのも楽しいですよ。
過去の失敗談など、本人に都合の悪い内容になったらすかさずホイッスルを吹いて止めさせると盛り上がります。
横暴なホイッスルに、おいおいとツッコミを入れる司会者との掛け合いなど、司会者のテクニックが求められるゲームですが、うまくハマれば、ゲンスト全員が盛り上がることは間違いありせん。

ウェディングジャンボ宝くじ

ビンゴゲームはありきたり……、そんなときはウエディングジャンボ宝くじで盛り上がりましょう。
ウェディングジャンボ宝くじは、二次会に出席すると、景品がもらえてジャンボ宝くじが当たるかもしれない……という企画です。
景品50個程度で、所要時間は30分くらい。
スピーディーに進行していくのが、コツです。

(参考サイト)
ウェディングジャンボ宝くじ

オリジナルの宝くじを用意し、ゲスト全員に配っておきます。
ウェディングジャンボ宝くじは、新郎と新婦の写真が描かれた本格的なもの。
アルファプリントサービス社が提供しているサービスです。

二次会の当日に新郎と新婦が、数字が書かれたボールが入った箱から当せん番号を引くなどして当たり数字を決め、当たった人に豪華景品をプレゼントします。
景品のなかに、本物の宝くじをも用意しておきましょう。
司会者が、このなから本物の億万長者が生まれるかもしれません!とアピールすれば、みんなのワクワク感が高まります!